VMware上のゲストLinuxで時計がズレる件

VMware上でゲストOSにLinuxを使うと限りなく時間がズレる場合がありますが、カーネルの再構築とかメンドくせって感じでしたが、CentOS5.1,CentOS4.7以上から新しいカーネルパラメータで対応できるようになった模様。

divider=10 clocksource=acpi_pm

デフォルトのclock rateは1000MHzなので、”divider=<option>”を10に設定して1/10の100Mhzにするようです。
RHEL and VMWare time skew problems
RHSA-2008:0665-13
調べてみたものの、今は常時うごいてるのはXen上でしか仮想マシン使ってないので未検証です(:-p
<追記>
VMWareのKBに各OSごとのパラメータ値がでてました。
Linux Timekeeping Best Practice(VMware KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA