OpenVZ (CentOS5 udev つづき)

昔の記事、OpenVZ(CentOS5)でOpenVZにCentOS5をいれて、udevがはいると「/dev」がおかしくなってログインできなくなる件ですが、CentOS5.2が出たので調子こいてアップデートしたらまた同じ現象になったので(initscriptsがアップデートされたため)、ちゃんと調べたのでメモ。
症状はSSH等でログインできないのと、OpenVZのホストからVEにログインする方法もできなくなります。端末でログインできないだけなので、Webサーバ等の他のサービスは動作しています。
こんな感じでログインできません。

# vzctl enter 100
enter into VE 100 failed
Unable to open pty: No such file or directory

対処方法

/etc/udev/makedev.d/50-udev.nodes

tty0
ptmx

を追加
アップデートしてしまってログインできなくなってしまった場合は、VEを停止した状態で、

/vz/private/100/etc/udev/makedev.d/50-udev.nodes

のファイルを変更してVEを起動すればなおるはずです。

OpenVZ (CentOS5 udev つづき)」への1件のフィードバック

  1. OpenVZ (CentOS5 udev まとめ)

    OpenVZ上のCentOS5の毎回アップデートでudev関係でハマル件ですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA