CentOS5でロケールを作成

普通は自動でできてるもんなんですが、OpenVZの既成のCacheファイルとか使うとlocaleがCとかPOSIXしか定義されてないので日本語のロケールを定義してみる

localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP.utf8
localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP
localedef -f EUC-JP -i ja_JP ja_JP.eucjp

確認は

locale -a

なんでかというと、squirrelmailでロケールをja_JPに設定したのに日本語のメニューにならないもんでシステムにロケールが必要だったみたいなのでメモ、サーバなので、日本語のロケールなんてどうでもいいのだけど。
 
万が一、SHIFT-JISを作りたくなった時用

localedef -f SHIFT_JIS -i ja_JP ja_JP.SJIS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA