PRIMERGY RX300,RX200 にCentOSインストール(ちょっとハマり)

RX300,RX200(無印)、もう5年前ぐらいの機種ですが余ってきたので、CentOSをインストールしてみようとしてちょっとハマったのでメモ

素性としては、CPUはXeon 2.4GHz で、64ビットでもなく、当然VTも使用できず、おまけにRAIDがI2O(Adaptec-2010S)なので、VMware(ESXi)も使えず、普通にWindowsかLinuxで使うくらいかなと、Windows2003(無印)の機械なのでWindowsで使ってもいいのですがあまり使い道もないので、Linuxにしてみる。

◆RX200
CentOS5のインストーラーのバグなのかI2O(i2o_block)のRAIDのドライバがインストーラーで検出できなくインストール時のディスクが見えないので、

Boot: linux noprobe

で、デバイスの検出しないで起動して、

i2o_block
e1000

を読み込ませてインストール

あとは、普通にインストール、「readahead_early」が悪さをするという人もいるようなので必要であれば停止

◆RX300
こっちがかなり曲者で、linux noprobeすると、画面が固まって(キーボードがきかない?)しまい進まず、noprobeでないと進むが、当然I2Oのドライバがないのでインストールできず・・・・ということで、いい加減面倒になったので、RX300をKnoppixで起動して、RX200でインストールしたサーバのdumpを無理やりrestoreして、initrdのあたりの修正とgrubをインストールして起動して解決、わっはっは!
、もう最初からインストールすることはないだろう(笑)

#RX300のオンボードLANはBroadcomなのでtg3です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA