CentOS7 V2V作業

CentOS7のサーバを複製してみる(Hyper-V → VMWare)
VHDをコンバートしてってもできそうな気もしますが、ssh経由のdump,restoreを使って複製してみる

パーティションは「/」だけにした。
スワップパーティションを作ってもいいし、swapファイルを作ってマウントしておいてもいいかと。
あとは自分用メモなので、コマンドの参考にでも。 
 
 
空のゲストOSを作成
複製したいサーバと同じLANインターフェースにする(つながればルータ超えてもかまわない)
CentOS7のISOファイルをマウントしてrescureモードで立ち上げ
fdiskでパーティション作成
mkfs.xfs でフォーマット
 
レスキューモードの複製先のサーバにIPアドレスを付与

  ip addr add 192.168.1.200/24 dev eno16780032

 
マウントポイント作成しディスクマウント

mkdir /dump
mount -t xfs /dev/sda1 /dump

 
複製先から複製元へSSHで繋いでdump,restoreで複製
xfsなので、xfsdump,xfsrestoreを使用(ext3などならdump,restore)

ssh 192.168.1.100 /sbin/xfsdump - /dev/sda1 | /sbin/xfsrestore - /dump/boot
ssh 192.168.1.100 /sbin/xfsdump - /dev/mapper/centos-root | /sbin/xfsrestore - /dump/

 
一旦リブートし、再度ISOファイルからブートしてレスキューモードで起動

chroot /mnt/sysimage/

 
起動用のRAMディスク再作成

cd boot
mv initramfs-3.11.9-200.fc19.i686.PAE.img initramfs-3.11.9-200.fc19.i686.PAE.img.old
dracut initramfs-3.11.9-200.fc19.i686.PAE.img 3.11.9.200.fc19.i686.PAE

 
/etc/default/grubを確認(vga=771にしとけばコンソールがデカくならない)

GRUB_CMDLINE_LINUX="vga=771"

 
起動用のgrub.cfgを自動作成して、grubをブートローダーに書き込む
(grub2になって、configが手書きするのは難しいので自動作成する)

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg 
/sbin/grub2-install /dev/sda

 
再起動してちゃんと起動すれば完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA