La Fonera+ (FON2201) を DD-WRT v24 にしちゃう

< 追記>
La Fonera (FON2100E)も同じ手順でOKです。Redbootにはいるまでは、La Fonera (FON2100E) を DD-WRT にしちゃうを参考にあとは、RedbootのIPが違う(無印は192.168.1.254 ちなみに+は192.168.1.1)のでそこだけ気をつければ問題ないと思います。
・La Fonera+(FON2201)でRC7にすると、vlan0,vlan1ができるのでLa Fonera+のポートを別々に使えるようになってる?みたいなんだけど、いぢってる暇がないので不明。
・RC7でAPモードで使用してWPA Personal(AES)したときに、無線LANカードの種類によって繋がらないような気がする。
< 追記>
v24がリリースされたので、文章中のRC7を削除しました。
v24のリリース版にしたところ、上のWPAでつながらない現象は解決しました。
DD-WRTのv24がでたようなので先日DD-WRT化したLa Fonera+(FON2201)をv24へしてみる。RC7以降はFLASH内の構成が変わって1ファイルのみになったようなので、RedBootから書き換えしてみる。というかRC7以前のWebインターフェースからはたぶんムリです。
・ファームのダウンロードと準備
http://www.dd-wrt.com/dd-wrtv2/down.php?path=downloads%2Frelease+candidates/
から、今回は、DD-WRT v24 RC7/Atheros WiSoc/Foneraフォルダから

v24が正式になってRCのフォルダはなくなったようなので、
http://www.dd-wrt.com/dd-wrtv2/down.php?path=downloads%2Fv24%2FAtheros+WiSoc%2FFonera/こちららへ
http://www.dd-wrt.com/dd-wrtv2/down.php?path=downloads%2Fv24-sp1%2FConsumer%2FFon%2FFonera/DD-WRT V24SP1はこちら

linux.bin

をダウンロードしてTFTPサーバにいれます。いっしょにあるfonera_flashing.txtを参考にします。

TFTPサーバは、Windowsだったら、
TFTPサーバー Poor TFTP Server for WIN32(Vector)
とかだったら、exeと同じフォルダにファイルぶっこんでexe起動するだけでオッケー!、ただし日本語のフォルダ名とかあるとハマるもとなので注意
 
・Redbootにアクセスします
PCのIPアドレスを192.168.1.2/24とか(192.168.1.1以外の192.168.1.0/24のIPならなんでもOK)に設定し、La Fonera+とLANケーブルで繋いで、La Fonera+の電源をONにしたらすばやくPutty(他TeraTermなどTELNETクライアント)のTELNETでポート番号は9000番でアクセスします。

La Fonera+ (FON2201) の場合
telnet 192.168.1.1 9000
La Fonera (FON2100E) の場合
telnet 192.168.1.254 9000

<追記>
La Fonera(FON2100E)「+」でないほうはRedbootにログインするのに前準備が必要です。
La Fonera (FON2100E) を DD-WRT にしちゃうの上のあたりの部分をやってRedbootにログインできるようにしてから作業してください。当然シリアルコンソールならしなくてもいいはずです。
・状態表示(La Fonera+)

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0x80040400  0x00030000  0xA8000000
loader            0xA8030000  0x80100000  0x00010000  0x80100000
image             0xA8040000  0x80040400  0x00230004  0x80040400
image2            0xA8660000  0xA8660000  0x00140000  0x80040400
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000

・状態表示(DD-WRT RC3)

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
rootfs            0xA8030000  0xA8030000  0x002C0000  0x00000000
vmlinux.bin.l7    0xA82F0000  0x80041000  0x000E0000  0x80041000
nvram             0xA83D0000  0xA83D0000  0x00010000  0x80041000
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000

・IPの設定
La Fonera+が192.168.1.1、PCが192.168.1.2の場合

La Fonera+ (FON2201) の場合
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2
Default server: 192.168.1.2
La Fonera (FON2100E) の場合
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.254/24 -h 192.168.1.2
Default server: 192.168.1.2

・フラッシュディレクトリを初期化

RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

・linux.binの書き込み
時間がかかるのですが(LaFonera+の場合約30分ほど!!!、LaFoneraだともうすこし早いかな)しびれを切らしてEnterとかするとターミナルが切れるので注意。切れてしまった場合は最初からやりなおせばOKのはずです。

RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 linux.bin
Raw file loaded 0x80041000-0x80684fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create linux
... Erase from 0xa8030000-0xa8674000: .....................................................................................................---------------------
... Program from 0x80041000-0x80685000 at 0xa8030000: .....................................................................................................-----
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .-----------------------------------------
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .-------------------------

・一応確認

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
linux             0xA8030000  0x80041000  0x00644000  0x80041000
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000

・起動設定の表示

RedBoot> fconfig -l -n
boot_script: true
boot_script_data:
.. fis load -b 0x80100000 loader
..  go 0x80100000
boot_script_timeout: 2
bootp: false
bootp_my_gateway_ip: 0.0.0.0
bootp_my_ip: 192.168.1.1
bootp_my_ip_mask: 255.255.255.0
bootp_server_ip: 192.168.1.254
console_baud_rate: 9600
gdb_port: 9000
info_console_force: false
net_debug: false

・起動設定の変更

RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -b 0x80100000 loader
..  go 0x80100000
Enter script, terminate with empty line
>> fis load -l linux
>> exec
>>
Boot script timeout (1000ms resolution): 2
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address: 192.168.1.1
Local IP address mask: 255.255.255.0
Default server IP address: 192.168.1.254
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

・リセット

RedBoot> reset

・作業完了
無線LANでdd-wrtを捕まえて以下のアドレスで管理画面にログインできます。

http://192.168.1.1/
User:root
Passwd:admin
SSID:dd-wrt(暗号化なし)
カテゴリー FON

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA