CentOS7 コンソールの解像度変更

VMwareのコンソールで作業中、デフォルトだと大きい解像度になってしまいコンソール表示だとめんどくさいんだよっ!ってことで小さくしてみた。
起動時のKernelパラメータにセットするだけなのですが、grub2なのでどこに書くようになったんだろうということで調べたのでメモ
 
CentOS6までは「/etc/grub.conf」あたりでよかったのですが、grubの定義を書いて更新するようになった模様。
 
/etc/default/grub

> GRUB_CMDLINE_LINUX="rhgb quiet"
< GRUB_CMDLINE_LINUX="vga=771"

ついでに「rhgb quiet」を消すと起動時の経過がズラズラと出ます
 

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

 
EFIの場合は、以下の模様
「-o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg」(RHELの場合)
「-o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg」(CentOSの場合)
 
 
→vgaの数値の意味

番号 解像度:色数
771  800×600:256色
773  1024×768:256色
775  1280×1024:色
788  800×600:6万5000色
791  1024×768:6万5000色
794  1280×1024:6万5000色
789  800×600:1600万色
792  1024×768:1600万色
795  1280×1024:1600万色

 
 
<参考>
めもめも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA