CentOS7 のロケールとタイムゾーンとキーマップ

CentOS7(RHEL7)のロケール、タイムゾーン、キーマップの変更方法
通常インストールでは不要ですが、OpenVZでCentOS7のテンプレート使った時に設定したくなったのでメモ

◆確認

# localectl status
   System Locale: LANG=C
       VC Keymap: n/a
# localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp

◆ロケール(locale)の変更

# localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
# localectl set-locale LANG=ja_JP.eucjp

「/etc/locale.conf」に書いてある
 
◆キーマップ

# localectl set-keymap jp106
# localectl set-x11-keymap jp

◆タイムゾーン
確認

timedatectl

変更

timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA