Windows7 で RDP8を使用する

Windows7やWindows2008R2で、Windows8(Server2012)へRDP8.0でつないでUDPとかになってちょっと快適かもということでメモ
逆にAero Glassは使えなくなりますが、そもそもRDPでAero GlassはUltimateかEnterpriseしか動かないですし、あんまり関係ないかな。

 
◆前準備
Windows7にRDP8の対応クライアントをインストール
→WindowsUpdateにあるのでいれればOK,(KB番号省略(^^;)

 
◆ローカルセキュリテイポリシー変更
管理者のコマンドプロンプトより「gpedit.msc」

※RDP8.0を有効にする

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント
 →リモートデスクトップサービス→リモートデスクトップセッションホスト
 →リモートセッション環境→リモートデスクトッププロトコル 8.0 を「有効」にする

※RDP8.0でUDPを使用できるようにする

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント
 →リモートデスクトップサービス→リモートデスクトップセッションホスト
 →接続→RDPトランスポートプロトコルの選択 を「有効」にする

※RDP8.0でデバイスとリソースのリダイレクト(ホストークライアント間でファイルコピー)

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント
 →リモートデスクトップサービス→リモートデスクトップセッションホスト
 →デバイスとリソースのリダイレクト
 →クリップボードのリダイレクトを許可しない を「無効」にする
 →ドライブのリダイレクトを許可しない を「無効」にする

 
◆リモートデスクトップ接続変更
RDP8からは、administratorsグループのメンバであっても、ユーザ名を登録していないと接続できなくなりますので注意です

マイコンピュータ→プロパティ→リモートのタブ
リモートデスクトップ→ユーザの選択ボタン→ユーザを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA