bashのhistory (HISTTIMEFORMAT)

bashのhistory機能、HISTTIMEFORMATでコマンドの履歴に日付や時間を表示することができる。複数人でroot権限を持ってる場合、サーバがおかしくなった時、変なコマンドいれてないか確認できると思って便利だとおもったのでメモ
~/.bashrcに書いておく

HISTSIZE=10000
HISTFILESIZE=10000
HISTTIMEFORMAT='%y/%m/%d %H:%M:%S  '   #←日付、時間
HISTTIMEFORMAT='%H:%M:%S '             #←時間
HISTIGNORE=ls:history                  #←historyに記録しないコマンド

で、どのマシンでもきるとおもいきや、bashが3系になっていないとダメのよう。実はRHEL2のサーバで使いたかったのだけど。。orz

RHEL2.1,CentOS2
bash -version
GNU bash, version 2.05.8(1)-release (i386-redhat-linux-gnu)
RHEL3,CentOS3
bash -version
GNU bash, version 2.05b.0(1)-release (i386-redhat-linux-gnu)
RHEL4,CentOS4
bash -version
GNU bash, version 3.00.15(1)-release (i386-redhat-linux-gnu)
RHEL5,CentOS5
bash -version
GNU bash, version 3.1.17(1)-release (i686-redhat-linux-gnu)
カテゴリー blog

bashのhistory (HISTTIMEFORMAT)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA