CentOS の boot.iso をUSBメモリからブートしてみる

CD-ROMがついてない面倒なサーバがあって、外付けUSB-CDを持ってくのも面倒なので、USBメモリでブートしてあとはネットワークインストールしちゃえばいいじゃんってテスト(^^)
◆用意するもの
・CentOSのboot.iso
CD1枚目の「/images/boot.iso」または、ftp://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/i386/images/boot.isoとか
syslinux
このへんのsyslinux-3.51.zipとか
・ISOファイルの中身を取り出せるもの
有名なところだとDAEMON Toolsとか、他にはExplzhとかISOファイルの中身を取り出せれるものならなんでもOK
・CentOSのインストールイメージ
本家のミラーサイトでもいいけど、ガシガシアクセスすると迷惑なのでDVDの中身をHTTPとかFTPとかでアクセスできるようにしておく
 
◆作業手順(Windows上でやる場合)

1.USBメモリをFAT32でフォーマット
2.boot.isoの中身「/isolinux」内のファイルをUSBメモリの「/」へコピー 3.「isolinux.cfg」を「syslinux.cfg」へリネーム 4. ダウンロードしたsyslinuxのコマンド 「win32\\syslinux.exe -ma G:」(G:はUSBメモリのドライブ)
5.完了。USBメモリからブートしてみる

ようはCD-ROM用のISOLINUXをFAT用のSYSLINUXに変更してるだけです。
参考URL
1CD LinuxをUSBメモリから起動するには(@IT)

CentOS の boot.iso をUSBメモリからブートしてみる」への1件のフィードバック

  1. CentOS を USBメモリからブートしてインストール…

    昨日のつづき、こんな面倒なことしなくてもUSBでブートできるイメージが最初からあるじゃんorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA