[Windows8] 無署名のドライバのインストール

Windows8で無署名のドライバ(例えばWindows7までのドライバ)などをインストールする方法。
そもそもは、中華PADのU30GTのファームアップするのに「RockusbDriver」がいれれなくて調べたのでメモ
 
<内容>
1.テストモードにする
2.ドライバー署名の強制を無効にする
3.Windows SmartScreenを無効にする(もしかしたら不要な場合もあるかも?)
 
 
<手順>
1.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
 
2.テストモードでbootするよう変更

bcdedit.exe /set TESTSIGNING ON

 
3.再起動

チャーム(画面の右下か右上の端)-> 設定 -> PCの設定変更
全般 -> PCの情報をカスタマイズする -> 今すぐ再起動するボタン
トラブルシューティング -> 詳細オプション -> Windowsスタートアップ設定 -> 再起動ボタン

 
4.再起動中

7(F7) ドライバー署名の強制を無効にする選び起動する

 
5.SmartScreenを停止
ドライバによっては不要かも。

コントロールパネル -> アクションセンター
左メニューの「Windows SmartScreenの設定の変更」で、
何もしない(Windows SmartScreen を無効にする) を選択

 
6.無署名のドライバをインストールする
 
7.SmartScreenを戻す

インターネットからの認識されないアプリを実行する前に、管理者の承認を受ける(推奨)

 
8.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
 
9.テストモードを解除するよう変更

bcdedit.exe /set TESTSIGNING OFF

 
10.再起動
 
 
→ドライバー署名の強制を無効にするは再起動すると解除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA